NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

知っておきたい!管理会社の業務内容と仲介会社との違いとは?

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

新しくお部屋を借りたり、あるいは賃貸物件の大家さんになるために物件を探す場合、ほとんどの方が不動産会社を利用すると思います。

その際、「管理会社」や「仲介会社」という言葉を耳にすることがあると思いますが、借りる側としては住むお部屋を決めることが目的であるのでそれらがどのようなものなのかなど考える機会はなかなかないですよね。

そこで今回は、知っておくと役に立つ不動産の管理会社と仲介会社の業務やその違いをご紹介します!

 

【管理会社の仕事内容ってなに?】

不動産の管理会社の主な仕事内容は、貸主(オーナー)の代わりに賃貸物件の入居者や物件の管理をすることです。

具体的な業務内容は以下のようになります。

・入居者からの家賃の集金代行業務…毎月発生する入居者からの家賃などを貸主の代わりに集金・確認し、それらを管理します。

・家賃が滞納された際の対応…家賃が滞納された場合、貸主の代わりに入居者へ入金を促します。

・クレーム対応…入居者から寄せられたクレームやトラブルに関しての対応処置を行います。

・契約の更新業務…入居者が継続して賃借を希望した際の手続きなどの更新業務を行います。

・退去時の立会いや敷金などの精算業務…入居者が退去する際、部屋の現況チェックや敷金の返金などの業務を貸主及び借主に確認の上行います。

・物件の清掃業務など…入居者全員が使う物件の共有スペースなどの掃除や設備の点検など、入居者が快適に暮らすことができるよう建物を維持・管理します。 以上が管理会社の主な業務内容です。 管理会社は、貸主の代わりに入居者・物件の管理などの業務を行うことによって管理料を得るのです。

 

【管理会社と仲介会社の違いとは?】

管理会社の主な業務内容についてはわかりましたが、次は不動産仲介会社との違いについて解説します。

不動産仲介会社とは、新しく住むお部屋を借りたい人とお部屋を貸したい貸主の間を取り持ち「仲介」することが仕事です。

単に仲介と言っても、物件の空室を埋めるために広告を出して入居者を募集することやお部屋の内見立会い、入居者が決まった際の契約の締結など、借主が実際に入居するまでの一連の業務すべてを担います。

借主が入居してしまった後は仲介会社が関与することは基本的にはないので、その後の業務は全て管理会社が担います。

以上のことから、借主と貸主をつなぐ役目を果たすのが仲介会社で、実際に入居した後の管理業務で入居者と繋がりを持つのが管理会社と言えます。

 

【まとめ】

いかがでしたか?

借主にとって、仲介会社との関わりは契約の締結までですが、管理会社はお部屋に住み続ける間中繋がりのある存在なのです。

今後大家さんになることを検討している方は、管理会社の業務内容をしっかりと把握しておくことをおすすめしますよ。

ページトップへ