NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資の始め方とは?購入前の準備をしっかり備えよう

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

これから不動産投資を始めるには、いつどのくらいまでに始めたいかをはっきり定め、投資を始めるまでの大まかな流れを知っておく必要があります。

初心者の場合は今まで知らなかったことが多くのしかかることもあり、場合によっては大きな損失を受けてしまう可能性がありますので、事前にしっかり勉強しておくことが大切です。

この記事ではこれから不動産投資を始めたいと思っている方向けに、投資の始め方や大まかな流れ、購入前にしっかり準備しておきたいことについて解説していきます。

 

【不動産投資の始め方①購入に至るまでの準備について】

不動産投資をおこなうには、まずは予算やどのくらいの利益が得たいかなど、自分の希望を明確にしておきましょう。

不動産は株などと違って現物がある分簡単に購入ができない仕組みとなっており、事前の勉強や準備が大切になってきます。

投資後はずっと所有し続けるか、数年後に手放すかによって投資物件が変わってきますし、売却する予定でしたら購入希望地周辺の市場調査も欠かせません。

また、不動産会社を介して投資をおこなうことになりますので、信頼のおける不動産会社を選ぶ必要があります。

不動産投資にこれまで馴染みがなかった方は、初めて聞く言葉が多かったり、相場が分からなかったりすることが多いため、事前にある程度の下調べをしましょう。

また、不動産会社の担当者が本当に正しいことを言っているのか、自ら積極的に質問をしていくことも大切です。

 

【不動産投資の始め方②購入から引渡しまでの流れ】

不動産投資について事前の準備をしっかりおこない、どのくらいの利回りが得たいかなど、はっきりとした目標を設定したら、エリアの選定や物件選びをおこないましょう。

物件は新築・中古、マンション・アパートなどさまざまなタイプがありますので、利回りや年数などを想定して考える必要があります。

物件が決定すると、不動産取引は大きな金額になるためローンを組む方が一般的ですが、まずは審査に通らなければなりません。

審査を通過すると売り手側と交渉をおこない、条件に納得できるとようやく契約となります。

契約時には違約金や瑕疵担保責任など重要な契約も結ばれますので、しっかり確認をおこない、問題がなければ購入後に引渡しとなります。

 

【まとめ】

不動産投資は金額が大きく、簡単に始められるものではないため、事前にしっかりとした準備が必要です。

始め方を間違えると後々大きな損失を受ける可能性がありますので、信頼のおける不動産会社と契約し、年数や利回りなどが希望に通りになる様、しっかりとした下調べをおこないましょう。

全国大家の会では、全国の大家さん、これから大家さんになりたい方に向けて有益な情報をお届けしております。

ぜひ、全国大家の会ポータルをご利用ください!

ページトップへ