NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資は少額でも始められる!その方法と注意点とは

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産投資に興味はあるものの、経済的になかなか手が出せない…という方も多いのではないでしょうか。

しかし、月に1万円ほどの少額から始められる不動産投資も存在しています。

ここでは、少ない資金で不動産投資をおこなう方法や、その注意点などについてご紹介していきます。

 

【少額の不動産投資から始めよう!初心者におすすめな2つの方法】

少額で不動産投資を始めるには、いくつかの方法があります。

そのひとつが、不動産投資法人による「不動産投資信託」です。

これは、多数の投資家から少額ずつお金を集め、複数の不動産を総合的に運用する、というもの。

利益は投資した資金によって金額が決められ、分配されます。

不動産投資のプロが運用してくれるので、安心してはじめることができますね。

また、これと似た仕組みの投資方法に「不動産小口化商品」があります。

これは、不動産会社が所有する物件の運用資金を、複数の投資家から集めて運用するというもの。

「ひとつの物件に対し複数のオーナーがいる」というとわかりやすいかもしれません。

こうした少額での不動産投資は、ローンを組む必要もないため、初めての方でも比較的手を出しやすい方法です。

得られる利益も多くはありませんが、リスクの少ない少額から始めて投資の感覚をつかんだり、さらなる投資への足掛かりとしてもいいかもしれませんね。

 

【リスクは少ないけれど…少額の不動産投資だからこその注意点も?】

一方で、知っておいてほしい注意点もあります。

まず、「不動産投資信託」の物件や「不動産小口化商品」を選択する場合、一般的な不動産投資よりも選べる物件は限られてきます。

また、当然のことながら、少額での不動産投資はリスクが少ないと同時に利益額も少なくなります。

さらに「不動産投資信託」では運営を委託する際に手数料などの費用がかかるため、こうした費用が差し引かれることを覚えておきましょう。

投資信託の場合は、購入先となる証券会社にも注意しましょう。

証券会社が倒産するようなことがあれば、その証券会社からあなたが購入した不動産の価値も下落してしまうからです。

以上が、少額での不動産投資を始める際に知っておいてほしい注意点です。

 

【まとめ】

不動産投資が気になるけれど一歩が踏み出せないという方は、まず利益に直結させる目的ではなく、少ない資金から始めて感覚をつかんでみるのはいかがでしょうか。

値動きの動向や、人気がある不動産の傾向なども、自然と身についてくるかもしれません。

全国大家の会では、全国の大家さん、これから大家さんになりたい方に向けて有益な情報をお届けしております。

ぜひ、全国大家の会ポータルをご利用ください!

ページトップへ