NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資の際に気をつけたいリスクを回避する方法について

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産投資において想定されるリスクはあらかじめ対策できるものが多く、投資をはじめる際はこれらのリスクを把握して、対策を練っておく必要があります。

ある程度は想定と予測ができるものが多いので事前に調べた上でうまくコントロールすることをおすすめします。

 

【不動産投資でもっとも多い空室リスクを回避する方法】

不動産投資においてもっとも予想できやすいリスクとして空室リスクがあげられます。

少子高齢化による人口の現象や昨今のマイナス金利政策により、賃貸に関する需給のバランスがとくに地方において減っているのが現状です。

ここではそんな空室リスクを回避する方法をお知らせします。

物件購入前のエリアの選定をしっかりとおこなうことで空室リスクを対策しましょう

不動産投資を購入する前にエリアの調査をしっかりとおこないましょう。

不動産の立地条件は購入後に変更はできません。

治安や人口の増減についてはあらかじめ調査しておくことをおすすめします。

とくに学生や社会人の単身者向けの賃貸は、人口減少の影響による移転などで一気に空室率が高くなってしまうリスクがあるので、購入者が通学する学校や企業の情報を念入りに調べておくこともおすすめします。

事前に空室リスクを踏まえて投資の判断材料にしましょう。

不動産投資を始めるにあたり、ある程度の空室リスクを踏まえることをおすすめします。

当初から利回りをシビアに計算し、リスクとして換算しておきましょう。

もしも実際の空室率が予想より低ければ高い利回りとなります。

はじめての不動産投資の場合は10%から20%程度で試算しておくとよいでしょう。

 

【不動産投資における滞納リスクを回避する方法について】

不動産投資において柱の利益は家賃収入です。

たとえ入居者が入っていても未払いになればローンの返済計画にも影響をおよぼします。

最悪の場合は課税所得となり二重の痛手をこうむる場合もあるので、不動産投資を始める前に滞納リスクについてしっかりと対策をおこない、無用なトラブルを回避しましょう。

不動産投資の滞納リスクは入居者との契約の段階で対策を講じましょう

入居者の応募があった際に審査を厳しくすることが必要です。

人柄の様子や職業についてきちんと見極めるようにし、連帯保証人についてもしっかり審査することをおすすめします。

空室率を気にして審査基準を甘くすると、家賃滞納のリスクを抱え込んでしまうこともあるため慎重におこなうべき事項なのです。

また滞納のリスクは、家賃補償会社を利用することで回避することができます。入居者に家賃の滞納が発生した際に、家賃保証会社から家賃分の金額を支払ってもらえます。

長期による家賃滞納が起こった場合でも保証会社が訴訟などをおこなうので、無用なトラブルを避けるためにも保証会社の導入については、検討おすすめします。

最近ではこの家賃保証会社への加入入居の条件にしている家主さんも多くなっています。

 

【まとめ】

不動産投資は比較的リスクが少ない投資といわれています。

予想される大抵のリスクは事前に準備をしておけばそのほとんどが回避できるものです。

はじめの段階できちんとリスクを想定しておくことで、ある程度不測の事態もコントロールすることができるでしょう。

全国大家の会では、全国の大家さん、これから大家さんになりたい方に向けて有益な情報をお届けしております。

ぜひ、全国大家の会ポータルをご利用ください!

ページトップへ