NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

投資を始める前に知っておきたい不動産投資ローンについて

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産投資はFXや株式投資に比べてリスクが低いといわれているため、今後投資したいと考えている人は少なくないでしょう。

今回は不動産投資を検討していると一度は目にする「不動産投資ローン」について紹介します。

事前にローンの内容を理解しておくと、購入時の手続きをスムーズに行えます。

不動産投資ローンと住宅ローンは何が違うの?

物件を購入する際に候補に挙がってくるローンには住宅ローンと不動産投資ローンがあります。

住宅ローンはその物件に居住する場合に契約できるローンです。

契約者本人やその家族が暮らすための物件のため、法人としての契約はできません。

一方、不動産投資ローンは物件を賃貸物件として運用する場合に利用できます。

たとえば、購入したマンションの一室を貸出して家賃収入を得たい場合などは不動産投資ローンに該当します。

住宅ローンと違い不動産投資ローンは法人契約も可能です。

契約者や使用目的の他にも、2つのローンには違いがあります。

まず融資額の上限が違います。

不動産投資ローンのほうが高額融資を受けられますが、融資額が大きい分審査が厳しくなるので、事前に審査内容を確認するとよいでしょう。

不動産投資ローンにメリットはあるの?

一般に住宅ローンは給与所得の5倍から8倍しか借りられません。

しかし不動産投資ローンは10倍から20倍まで借りることができます。

つまり、もし手持ちの資金が400万円しかなかったとしても不動産投資ローンを組むことで4,000万円の物件を手に入れることが可能です。

小さな資金で大きな資産を購入できることがメリットのひとつと言えるでしょう。

また400万円の物件と4,000万円の物件が同じ利回りだった場合、年間の収入に大きな差が出てきます。

綿密なプランを立てれば、毎月の返済額を差し引いても利益が出すことができるでしょう。

さらに貯金などの手持ちの資金を残しておけるのもローンのメリットです。

ローンを組んで資金を残しておけば、病気やケガ、自然災害などの予期せぬトラブルが発生したときに落ち着いて対処できます。

その他のメリットとして団体信用生命保険への加入が挙げられます。

通称「団信」と呼ばれるこの保険に加入していると、完済前に借入者が不慮の事故などで亡くなっても借入金の残高を肩代わりしてくれるので残された家族も安心です。

しかし、不動産投資ローンは金利が高く設定されています。

融資する金融機関は、住宅ローンは毎月の給与から返済されるため比較的リスクが少ないとみなしますが、不動産投資の場合は空き室が増える、市場価値が下がるなどの理由でその物件の運用が上手くいかなくなるリスクを憂慮しており、それが高い金利に表れています。

高い金利に対応できるかシミュレーションを念入りにおこなうことが不動産投資ローンにおいては重要です。

まとめ

投資にリスクはつきものですが、物件の価値や運用プランを精査すれば利益を出すことが可能です。

不動産投資ローンの必要性もよく検討し、スムーズに投資を開始できるよう準備を進めましょう。

ページトップへ