NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資をすると生命保険も利用できる?団体信用生命保険とは?

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

住宅ローンを組むと多くの場合、団体信用生命保険へ加入するように言われることがあります。

これは住宅ローンを契約している人が万が一の事故や病気によりローンの支払い能力がなくなったときに代わりにローン残高を払ってくれる保険です。

またこの保険は、不動産投資ローンを組むときも加入が求められることがあります。

ここでは、この保険についてどのようなもので、そんな種類があるのかここから紹介していきます。

不動産投資で利用できる団体信用生命保険とは?

不動産を購入するとき多くの場合は長期の住宅ローンを組みます。

しかし、いつ何があるかわかりません。

事故や病気によりローンを組んだ人に支払い能力がなくなってしまった場合、残された家族にはローンの返済額が負債として残ってしまいます。

そのときに、ローンの残債を保証してくれるのが団体信用生命保険です。

不動産投資ローンを組むときもこの保険が付帯されていることがあります。

そのため、投資をしながら生命保険にも加入できると言われています。

しかし、あくまでもローンの返済を目的にしているため一般の生命保険との違いはおさえておきましょう。

まずは、保険金が支払われる先です。

一般的な生命保険は遺族に保険金が支払われますが、団体信用生命保険はローンを組んだ金融機関に支払われます。

そのため、この保険金を遺族が受け取って生活費に充てることは想定されていません。

これだけをみると、団体信用生命保険を一般の生命保険のように使うことはできないように感じるかもしれません。

しかし不動産投資ローンの団体信用生命保険には特約や別の保証が付いているものもあります。

不動産投資で利用できる団体信用生命保険の種類は?

たとえば、がん診断特約です。

がんの治療には時間と費用必要です。

そのためローンの支払いができなくなったときに残債が免除されます。

不動産投資で利益を受け取りながら、いざとなったときにはローンの残りを保証してくれる団体信用生命保険は利用するのがおすすめです。

さらに、ローンの返済が終われば投資物件は遺族のものになるため、引き続き投資の利益を受け取ることもできますし、売却して現金化も可能です。

安心を得るという意味でもこの保険はメリットがあります。

まとめ

不動産投資ローンでも利用できる団体信用生命保険について紹介しました。

一般の生命保険は遺族に保険金を払うことで生活の再建を後押しするのに対し、団体信用生命保険はローンの残高を保証するものでした。

この違いをしっかり確認、比較した上で団体信用生命保険のみにするのか、さらに手厚い保証を受けられる保険を追加するのか内容や特徴の違いを確認し、利用するのをおすすめします。

ページトップへ