NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産管理において空室対策は何ができる?原因を探って対策しよう

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産運用を行っていくうえで空室対策は重要なポイントです。

空室に対して原因や対策を探ろうとしないでいると、入居希望者も見つからず、収益を生み出さない状態が続いてしまうかもしれません。

今回は不動産管理において重要な空室対策について、原因を知るためのポイントや適切な対策を見極めるポイントをご紹介します。

不動産管理で重要な空室対策!空室の原因を知るためのポイント

病院に行けば病気の原因を探るために診察や検査、診断を行いますが、基本的には不動産の空室対策も同様で、事前に診断することで原因を突き止めます。

募集状況

入居状況

物件状況

管理運営

空室の原因を探るには、この4つを診断します。

まずは、募集状況のチェックを行い、どんな広告媒体に出稿しているか、物件記載内容は良いか、募集条件は適しているかなどを見ます。

家賃が相場に対して高すぎないか、初期費用は高くなっていないかも見ておきたいポイント。

入居状況については、どの部屋がどれぐらいの期間空いているか調べましょう。

また、単身者、学生、ファミリー、高齢者など、どんな属性の入居者が多いかも確かめておきたいところです。

物件状況については、間取り、内装、設備などに問題がないか調べます。

問題が見つかれば状況に合わせて改善を施しましょう

他の物件と差別化するために、リノベーションや屋根や外装の塗装を行ってもいいかもしれませんね。

最後に管理運営のチェックです。

共用部は清潔に保っているか、駐輪場やゴミ捨て場は乱雑になっていないかなどを見ていきます。

管理運営では、入居者に対して快適な居住空間になっているか、長期入居できるようになっているか、退去したいと思われてしまう部分はないか調べます。

不動産管理における空室対策で適切な対策を見極めるポイント

どんな空室対策が適しているかは、物件ごとに違います。

空室率の深刻度

コスト

この2つから、どの空室対策を行うか見極めます。

空室率の深刻度については、どれぐらい空室期間があるかを調べます。

空室期間が長いとリノベーションなどの大がかりな対策が必要となる可能性もあります。

空室対策のコストですが、そもそもどれぐらい予算があるかでできる対策も違ってきます。

募集方法の見直しから、リフォームやリノベーション、家賃を下げるなど、一口に対策といってもそれぞれかかるコストには差があります。

入居時の初期費用を下げる、敷金や礼金を0円にするなどの空室対策の一つとなるでしょう。

まとめ

不動産管理における空室対策は、物件ごとに適した対策の内容が異なります。

まずは物件を診断し、どこに問題があるか把握しましょう。

見つかった問題に対して適切な手段で対応することが空室対策では重要です。

 

ページトップへ