NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資に頭金は必要?必要なケースや頭金の目安となる金額は?

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

これから不動産投資を始めたいと考えている人にとって、悩むのが頭金の金額ではないでしょうか。

今回は、そもそも不動産投資に頭金が必要なのかどうか、必要なケースと不要なケースどちらも解説していきます。

不動産投資に頭金が必要なケースと不要なケースの違いは?

不動産投資を始めるなら頭金は用意したほうがいいと言われています。

しかし、なかには頭金が不要な場合もあるためそれぞれ解説していきます。

頭金が必要なケース

希望する融資金額に達しない場合

ローン返済額を少しでも減らしたい場合

融資引き締め時期の場合

まず、購入したい不動産の価格をすべてローンで借りようと思うと金額が高くなりがちです。

希望する融資金額が高ければ高いほど融資審査が通りにくくなり、希望する融資額に満たない場合は足りない分を頭金として用意しなければいけません。

金融機関によって融資引き締めの時期があり、この期間は特に融資を引き出すのが難しくなるでしょう。

また、頭金を用意しないということはそれだけローン返済額が大きくなってしまいます。

少しでもローン返済の負担を軽くするためにも、頭金は準備しておくべきです。

頭金が不要なケース

初期費用が支払えない場合

資金的な余裕が欲しい場合

頭金があるに越したことはありませんが、不動産を購入するときには仲介手数料や税金など多くの初期費用が必要となります。

また、頭金に資金を回してしまうと、手元にお金がなくなってしまいます。

災害や修繕などさまざまなリスクを考慮して、資金的余裕を持っておくことも必要です。

不動産投資で頭金を用意するなら目安となる金額はいくら?

不動産投資に頭金を用意する人は多いですが、いくら用意すればいいのか悩みますよね。

一般的に購入する物件価格の2割程度を頭金として用意するケースが多いです。

3,000万円の投資物件を購入したら、600万円の頭金を用意する計算です。

なかでも建物代のローン金利は経費になりますが、土地代の金利は経費として落とせないため、土地代だけでも頭金を入れるのがおすすめ。

しかし、購入時の経済状況や物件の金額など、あくまで目安としてとらえましょう。

頭金を少しでも多く支払う人もいれば、手持ち資金を残したくて頭金なしで購入する人もいます。

頭金の金額は人それぞれなので、自分に合った方法や金額を支払うのがベストです。

まとめ

不動産投資を成功させるためにも、頭金は重要なポイントです。

頭金だけに捉われず、想定家賃や金利上昇リスクなど長期運用を理解して堅実的な戦略を立てるのがおすすめ。

さまざまなリスクを含めたシミュレーションをおこなってから頭金を決めましょう。

ページトップへ