NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

ワンルームを売却するための3種類の媒介契約とは?選び方のポイントは?

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

ワンルームを売却するためには媒介契約を仲介会社と結びますが、複数の契約方法があるため、どれが良いのか迷われている方もいらっしゃると思います。

それぞれの契約の特性を理解し、あなたの物件に合う契約を選びましょう。

そこで今回はワンルームを売却する際の3種類の媒介契約と、選び方のポイントをご紹介いたします。

ワンルームを売却するための3種類の媒介契約とは

ワンルームを売るための3種類の媒介契約には、それぞれメリットとデメリットがあります。

専属専任媒介契約

ひとつの仲介会社と契約する方法で、自分で買主を探すことはできません。

しかし、その分販売活動を積極的におこなってくれやすいことがメリットです。

販売状況を7日間に1回以上報告してくれるので、物件の販売状況が把握できることも専属専任媒介契約のメリットです。

報告の内容は

  • どのような販売活動をおこなっていたか
  • お問い合わせの数
  • 内覧の数
  • 内覧者の感想や手ごたえ

などがあります。

報告の内容を売却活動に活かすことができるので、担当者と話し合い売却に繋げることができます。

専任媒介契約

専任媒介契約も専属専任媒介契約と同様1社のみの契約になります。

専属専任媒介契約と違うところは自分でも売却活動をおこなえることです。

契約会社からの販売報告は14日に1回以上と頻度が下がってしまいますが、時間に余裕のある方や、ご自身でも売却活動をおこないたいかたにはおすすめの媒介契約です。

一般媒介契約

一般媒介契約とは自分で買主を探しながら複数の仲介会社と契約できる方法です。

同時に複数依頼できるため、早期に売却できる可能性がありますが、売却する不動産が所在するエリアによって変わってくる場合があります。

ワンルームを売却する場合の媒介契約の選び方

ワンルームを売却する際の媒介契約の選び方のポイントは、不動産の立地のような条件で判断することです。

駅の付近にある物件や人気のエリアに所在している物件だと、一般媒介契約でも自然と買い手の目にとまります。

人気のエリアではない場合では専属専任媒介契約または専任媒介契約で販売状況を知ることができるので臨機応変に売却活動をおこなうことができます。

まとめ

今回はワンルームを売却する際の3種類の媒介契約と、選び方のポイントをご紹介いたしました。

それぞれの契約にメリットとデメリットがあるので、あなたが所有するワンルームの特徴を踏まえたうえで、スムーズな売却につながる契約を選びましょう。

ページトップへ