NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資のひとつ!賃貸併用住宅を運用するメリット・デメリットを解説!

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産投資のひとつとして人気の「賃貸併用住宅」。

マイホームの購入を検討する際、この賃貸併用住宅に興味を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産投資を検討している方へ向けて、賃貸併用住宅とはどのようなものなのか、また不動産投資として運用するメリット・デメリットについて解説していきます。

賃貸併用住宅を不動産投資として運用するメリット

賃貸併用住宅とは、賃貸物件として貸す部分と、居住するための自宅を、ひとつの建物として建てた住宅のことです。

居住用の不動産を購入する際に、投資用の物件も手に入るため、検討する方が増えていますよ。

しかし賃貸併用住宅にはメリットとデメリットがありますから、両方を知った上で購入するかどうか判断してください。

まずメリットをいくつかお伝えしますね。

・住宅ローンを組める

・家賃をローンの返済に充てられる

・既存の物件を有効に使える

・賃貸物件として活用する部分は相続税が減る

賃貸物件として不動産を購入する際には、住宅ローンは組めません。

代わりにアパートローンを利用できますが、住宅ローンよりも金利が高い商品です。

しかし賃貸併用住宅では住宅ローンを組めるので、負担が軽くなります。

また建物の一部を貸すということは、家賃収入を得られるので、購入の際に組んだ住宅ローンの返済分に、家賃を充てられますよ。

さらに賃貸部分は自宅よりも価値が低いものとみなされるので、将来相続する際に節税できます。

賃貸併用住宅を不動産投資として運用するデメリット

ではデメリットとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

いくつかお伝えしますので、納得した上で検討しましょう。

借入金額が多い

空室が多いと返済ができなくなる

入居者との距離が近いことがストレスになる場合がある

売却・建て替えがしにくい

一般の戸建て住宅よりも大きな建物になりますから、それだけたくさん融資を受けることになるでしょう。

入居者がいなければ返済できませんから、需要が高い立地や家賃相場など、購入の際にはしっかりリサーチしましょう。

また同じ建物に入居者が暮らしているわけですから、生活を見られることや、入居者とのトラブルでストレスを感じてしまう可能性がありますよ。

さらに、自分の都合で売却や建て替えができないことも頭に入れておきましょう。

まとめ

今回は、不動産投資のひとつである賃貸併用住宅とはどのようなものなのか、またメリット・デメリットについてご紹介しました。

いくつかデメリットはありますが、需要が高い立地を選び部屋が埋まれば、家賃収入を得られ住宅ローンの返済に充てられるという大きなメリットがあります。

不動産投資をお考えの方は、ぜひ賃貸併用住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ