NEWS&TOPICS運営者からのおすすめ情報

NEWS&TOPICS
運営者からのおすすめ情報

不動産投資で法人化するメリットとは?どんな人が向いている?

お役立ちコラム

【管理者】大家の家ポータル

不動産投資で多くの利益が得られるようになると、法人化を検討される方も多いです。

法人化とは個人事業主として事業を行っていた人が会社を設立することで、主に税制面でメリットがあります。

今回は不動産投資をお考えの方に向けて法人化のメリットと注意点をご紹介します。

節税効果あり?不動産投資で法人化をするメリットとは?

不動産投資を法人化するメリットは多く、特に節税を目的とされる方が多いでしょう。

個人事業主の場合所得税や住民税合わせて最大55%支払う必要があるのに対し、法人であれば実行税率は20%から30%になっており支払う税金がかなり抑えられます。

個人で納める税率は収入が多ければ多いほど高くなりますが、法人の場合は収益の大きさには左右されません。

また法人化をすることで経費計上できる範囲が広がることもメリットの一つです。

たとえば家族への役員報酬や退職金の積立なども経費として計上できるようになります。

そして個人よりも法人のほうが社会的信頼も高いため、融資を受けやすいというメリットもあります。

融資金額が増えることで投資不動産の選択肢も増え、結果として収益増加にもつながります。

ご紹介したような法人化のメリットをより多く享受できるのは、収入が多く多額の税金を支払っている方です。

会社員などでもともと年収が高い方が不動産投資をすると、累進課税の仕組みから納める税金が多くなるためです。

また法人は会計や経理などが複雑化するので、税理士などの専門家に依頼するなどの人件費も発生します。

会社を運営していくための維持費用を捻出できる方のほうが法人化に向いていると言えるでしょう。

維持費用がかかる?不動産投資で法人化する注意点とは?

まずお伝えしたい注意点としては、先にふれたように婦人科には会社の維持や運営にかかるコストが発生することです。

また会社設立にも10万円から30万円ほどの費用がかかり、設立手続きも複雑です。

もともと個人で不動産投資をしていて、途中から法人化する場合登記費用や税金が発生します。

そのため投資の規模によっては最初から法人化したほうが無駄な費用をカットできるでしょう。

また法人化した場合不動産投資で得た収益は自由には使えなくなります。

もし個人経営の時と同じ感覚で給与として決められたお金以外を個人的に使ってしまうと、業務上横領にあたります。

まとめ

今回は不動産投資をお考えの方に向けて法人化のメリットと注意点をご紹介しました。

不動産投資の法人化は節税などのメリットが多いですが、個人経営とは異なる注意点もあります。

法人化するべきか悩んだ場合は税理士などの専門家に相談してみるのもおすすめです。

ページトップへ